タンザニア・キリマンジャロ AA キボー 200g

キリマンジャロAAキボーの商品写真です
香り  
苦み  
酸味  
コク  
販売価格
1,620円(税抜:1,500円)
内容量
200g
生豆生産国
タンザニア
生産農園
カンジラルジ農園
生豆の精選
ウォッシュド(水洗式)
焙煎の種類
ミディアムロースト
発送までの目安
3〜5日

タンザニアAAキボー

AAキボー タンザニア

フルーティな上品な柑橘系の酸味と口の中にほのかに広がる甘味、芯にあるしっかりしたコク。飲み口もよく飲みやすい味わいのコーヒーです。

タンザニアAAキボーはアフリカ大陸のタンザニアの南部にある、カンジラルジ農園にて生産されたアラビカ種コーヒー豆です。

タンザニアコーヒーは別名キリマンジャロと呼ばれることも多く、そちらの名前の方が一般的な認知度は高いのではないかと思います。(厳密には、ウォッシュド精選(水洗式)のアラビカ種コーヒーのみがキリマンジャロを名乗れます)

タンザニアのコーヒー等級はスクリーンサイズ(豆の大きさ)と欠点豆の混入率で決められており、「AA」が最上、以下。A Bと分類されます。

KIBO(キボー)という名はAAランクのコーヒーを更に分類するブランド名のようなもので、KIBOはキリマンジャロの山頂を示す言葉だと言われます。

キリマンジャロは単独峰としては世界一の高さ(5,895m)を誇る霊峰ですから、生産地でのKIBOにかける誇りや敬意のようなものを感じさせられます

AAキボーの特徴と味わいについて

タンザニアのコーヒー収穫の様子

淑女のような優しい酸味

先程少し触れましたが、キリマンジャロは水洗式(ウォッシュド)で精選処理されています。(*精選処理とは、コーヒーチェリーから種子を取り出しコーヒー生豆にするまでの過程です)

キリマンジャロ = 酸味の強いコーヒー というイメージを持つ人も多いのではないかと思いますが、単一農園のように小さな単位で出荷されるスペシャルティコーヒーでは、生産地のクセや取扱に影響を受ける部分も多いので一概に言えるものではありません。もちろん焙煎でも変わります。

当店のキボーは国産果実、例えるなら温州みかんぐらいの優しい酸味です。アフリカの大地を思わせる野趣あふるる風味を持ちながら優しい酸味と香り、あとに残らないクリアで品の良い味わいを楽しめます。

販売価格 1,620円(税込)
コーヒー豆について

こちらの商品もおすすめです